[번역] 終わりのない旅 (끝없는 여행)

霜月はるかのFrost Moon Cafe ED曲
「終わりのない旅」
「끝없는 여행」
 
작사/작곡:霜月はるか
편곡:ぺーじゅん


暗く長い洞窟をただ真っ直ぐに歩いている
어둡고 긴 동굴을 그저 똑바로 걷고 있어
遠く小さな四角い空 目指していたあの日
멀리 조그맣고 네모난 하늘을 목표하고 있었던 어느 날
外に出る道はひとつだけ 信じてたその足元が崩れた時
밖으로 나가는 길은 하나 뿐, 믿고 있던 그 발걸음이 무너졌을 때
もう進むべき場所も分からず立ち尽くした
더 이상 나아가야 할 장소도 모른 채 멍하니 서 있었지
零れていった涙と、この手で空抱く夢
넘치고 있던 눈물과, 이 손으로 하늘을 품는 꿈
 
だけど少し振り返ってみたなら 君の人生(みち)は
하지만 살짝 뒤를 돌아 보면 너의 인생(길)은
きっと多くの確率を超えてここにある
분명히 수많은 확률을 넘어 여기에 있어
気付けばいくつも、遠回りでも 明日への道はあるから
알고 보면 얼마든지, 멀리 돌아서라도 내일로의 길은 있으니까
焦らずにね
서두르지 마
 
 
覚えていて 君が見た 信じてたその空の色、目指す気持ち
기억해줘 네가 보았던 믿었던 그 하늘의 색, 목표하던 마음
思い続けていれば不思議とめぐり合える
계속 생각하고 있으면 신기하게도 맞닿을 수 있어
遮る壁と、自分と 向き合うこと諦めないで
가로막은 벽과, 자신과 마주보는 걸 포기하지 마
 
 
少し力を抜いてごらん 君の人生(みち)は
조금 힘을 풀어 보렴 너의 인생(길)은
まだ全てを悟ってしまうには早すぎる
아직 모든 걸 깨달아버리기엔 너무 일러
終着点(ゴール)はどこにも決められてない 決めなくていい
종착점(goal)은 어디에도 정해져있지 않아, 정하지 않아도 돼
果てなく広がる空の下 いつかたどり着いても道は続く
끝없이 펼쳐진 하늘 아래 언젠가 도달하더라도 길은 계속돼
きっと僕らは迷い、立ち止まり、また進む
분명 우리들은 헤매고, 멈춰 서고, 다시 나아가
終わりのない旅 自分信じて踏み出してみよう
끝없는 여행 자신을 믿고 발을 내딛어 보자
未来が輝くよう
미래가 빛날거야

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中