[번역] ヒカリノオト (빛의 소리)

「ティンダーリアの種」Track 07
「ヒカリノオト」
「빛의 소리」

작사/작곡:霜月はるか
편곡:岩垂徳行

こぼれ落ちてゆくひかりたちが
쏟아져 내려가는 빛들이
木々の枝を揺らし 奏でる音
나뭇가지를 흔들어 연주하는 소리
重なり合ういのちの鼓動に 耳を澄ましてみて
서로 겹쳐지는 생명의 고동에 귀를 기울여봐
聴こえてくる 森の声
들려오는 숲의 목소리

たちこめる霧と闇 ひとり歩いた夕暮れ
자욱한 안개와 어둠을 혼자서 걸었던 해질녘
優しく通る過ぎる風にことばをそっと預け
부드럽게 스쳐가는 바람에 살며시 말을 건내어

女神が残した約束のうた
여신이 남긴 약속의 노래
大樹(せかい)に届けたら
큰 나무(세계)에 전해지면
ひとつ ふたつ 導く
하나 둘 이끌어 주네
螺旋描く灯(あかり)の花
나선을 그리는 등불 꽃

淡く灯されたひかりたちが
희미하게 밝혀진 빛들이
消えてしまう前に 摘み取りましょう
사라져버리기 전에 따서 가져가자
足元をふわり照らしながら 耳を澄ましてみて
발밑을 살며시 비추면서 귀를 기울여봐
聴こえてくる 森の声
들려오는 숲의 목소리

透明な茎を水が伝い流れる旋律
투명한 줄기를 물이 타고 흐르는 선율
触れた葉をも震わせ 波紋のように
닿은 잎들을 흔드는 파문처럼
この森を 世界を 包み込んで
이 숲을 세계를 감싸안고
溢れだすいのちの音色は
흘러 넘치는 생명의 음색은
あなたの宿命(さだめ)を 心を 受け入れるんでしょう
당신의 숙명을, 마음을, 받아들이겠죠

訪れた静けさに瞼を閉じて眠りにつく 月夜の影
찾아온 고요함에 눈을 감고 잠드는 달밤의 그림자
こぼれ落ちてゆくひかりたちが またひとつ弾けて
쏟아져 내리는 빛들이 또 하나 터지며
奏でた ゆめ
연주한 꿈

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中