[번역] 月無夜~Mid Night~ (월무야)

「DIS CODE」Track 04

† 第二章 月無夜 ~Mid Night~
제2장 월무야 (달이 없는 밤) ~Mid Night~

작곡/편곡:xaki
작사:sunny
노래:佐倉かなえ


穏やかな刻「とき」の流れに
온화한 시간의 흐름에
身をまかせてただ揺らめいて
몸을 맡긴 채 그저 흔들리며
羅紗色の空に手を伸ばしてみても
나사색의 하늘에 손을 뻗어 보아도
掴む事のできない時間の糸は
붙잡을 수 없는 시간의 실은

容赦なく私の身体に巻きつけられていく
용서없이 나의 몸을 휘감아가
それはネジを巻かれたかのように ゆっくりと回転する「まわる」
그것은 태엽을 감은 것처럼 천천히 회전하네

記憶の連鎖は断ち切ることができない
기억의 연쇄는 끊을 수 없어
どこかに答えはあるのだろうか?
어딘가에 답은 있는 걸까?
それを示す無限の魔女もいない
그것을 알려주는 무한의 마녀(당신)도 없어
悪夢はやがて粉々に砕け散って
악몽은 마침내 산산히 부서져 흩어지고
光が差し込み夜陰は終わりを告げる
빛이 비쳐들어 밤의 어둠은 끝을 고하네

ささやかな太陽の光に
보잘것없는 태양빛에
身を焦がして朽ち果てて
몸을 태우고 헛되이 죽어
赭色の土に還りし我が身体「みたま」
자색의 흙으로 돌아가는 나의 몸(영혼)
拒む事のできない無限の魔女「あなた」の意図は
거부할 수 없는 무한의 마녀(당신)의 의도는

容赦なく私の心にうえつけられていた
용서없이 내 마음에 심어져 있었어
それはネジを抜かされたかのように 歩みを止める
그것은 태엽이 풀린 것처럼 걸음을 멈추네

記憶の欠片は一つ残らずいらない
기억의 조각은 하나도 남기지 않아도 돼
どこかで答えに辿りつくから
어딘가에서 답에 도달할테니까
それを制す無限の魔女はいない
그것을 제지하는 무한의 마녀(당신)은 없어
悪夢はもはや粉々に砕け散って
악몽은 이미 산산히 부서져 흩어지고

静寂の世界で君は泣いていたから
정적뿐인 세계에서 너는 울고있었으니까
そっと手をつかんで抱き寄せた
살며시 손을 잡고 끌어안았어

記憶の連鎖は断ち切ることができない
기억의 연쇄는 끊을 수 없어
どこかに答えはあるのだろうか?
어딘가에 답은 있는 걸까?
それを示す無限の魔女もいない
그것을 알려주는 무한의 마녀(당신)도 없어
悪夢はやがて粉々に砕け散って
악몽은 마침내 산산히 부서져 흩어지고
光が差し込み夜陰は終わりを告げる
빛이 비쳐들어 밤의 어둠은 끝을 고하네
月無夜がやがて終わりを告げるから
달 없는 밤이 마침내 끝을 알리니까

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中