[번역] 選ばれた民 (선택받은 백성)

「グリオットの眠り姫」Track 03
「選ばれた民」
「선택받은 백성」

작사/작곡:霜月はるか
편곡:なるけみちこ

WEL OLRY SIO, LE FEL HORY NEO FEL ORY, ARY SE WEL.
(あなたが願うなら、わたしはいつでもあなたと共にあるでしょう)
(당신이 바란다면, 저는 언제라도 당신과 함께 하겠지요)
LEE WEL NEL FORY, ARIA SIE ESTIA WEL SE FEL ESTY.
(わすれないで このうたはあなたとわたしを繋ぐ約束)
(잊지 말아요, 이 노래는 당신과 저를 잇는 약속)

樹々の帳の奥深く
숲의 장막 깊숙히
隠れ住む村里
숨어 사는 마을
この大地に根付く[ARIA(うた)]に添い
이 대지에 뿌리내린 노래를 따르며
森と共に生きる
숲과 함께 살아가네

木陰に雨露を凌ぎ
나무그늘에서 이슬비를 피하고
焚き木で暖を取る
장작으로 따스함을 얻으며
種から実りへと育んで
씨앗으로부터 열매로 가꾸어
いのちの環は廻る
생명의 수레바퀴는 돌아간다

幾千の朝と夜 語り継いだ想いの欠片
수천의 아침과 밤을 구전되어 온 마음의 조각
創奏の女神に愛された民の証
창조의 여신에게 사랑받은 백성의 증표

さあ うたおう
자, 노래하자
穏やかな理を
평온한 섭리를
選ばれた我等 背負う[宿命(さだめ)]
선택받은 우리들이 짊어진 숙명을
この身体を流れる血の旋律
이 몸을 흐르는 피의 선율이
永遠に伝い 途切れぬように
영원히 흘러 끊어지지 않도록

LEE WEL NEL FORY, ARIA SIE ESTIA WEL SE FEL ESTY.
(わすれないで このうたはあなたとわたしを繋ぐ約束)
(잊지 말아요, 이 노래는 당신과 저를 잇는 약속)

重なり合う歌声 指絡ませ 寄り添う双り
서로 겹쳐지는 노랫소리 손을 잡고 다가붙은 두사람
されど求められた「うたい手」は唯一人
하지만 추구했던「노래하는 자」는 단 한사람 뿐

さあ 奏でよ
자, 연주하라
換えられぬ理を
변하지 않을 섭리를
選ばれた者が 背負う[宿命(さだめ)]
선택받은 자가 짊어진 숙명
その身体を貫く血の刃が
그 몸을 꿰뚫을 피의 칼날이
行き先を たとえ引き裂いても
갈 길을 설령 갈라놓을지라도

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中