[번역] 氷る世界 (얼어붙은 세계)

「グリオットの眠り姫」Track 11
「氷る世界」

「얼어붙은 세계」

작사:日山尚
작곡:霜月はるか
편곡:MANYO


仄かな月の灯りが守る横顔
희미하게 달의 등불이 지키는 옆 얼굴
朝(あした)を擦り抜ける君の影は
아침(내일)을 빠져나가는 너의 그림자는
ただ花のように凛と佇み
그저 꽃처럼 의연히 멈춰서서
時間(とき)を留める
시간을 멈춰세우네


その瞼に映る景色は
그 눈에 비치는 풍경은 
帰りたい故郷(ばしょ)だと気付いていたけれど
돌아가고픈 고향이란 걸 깨닫고 있었지만


心まで氷らせて塞いだ記憶 君の強さ
마음마저도 얼리며 가로막던 기억, 너의 강함
鎖を託す手が震えた冷たさだけ 想い出す
사슬을 맡기던 손이 떨리던 차가움만이 생각나네


途切れた道の向こうを見つめる君と
끊어진 길 너머를 바라보던 너와
昨日に彷徨う僕との狭間
어제에 유랑하는 나와의 틈새
ただ降り続けた白雪だけが
그저 계속 내리던 하얀 눈만이
時間(とき)を重ねる
시간을 거듭하네


あの言葉に宿る願いが
그 말에 깃든 바램이
何よりも哀しく闇夜を明かしても
무엇보다도 슬프게 어둔밤을 밝혀도


涙さえ氷らせて 歩いてゆくと君に誓う
눈물마저도 얼리며 걸어가리라고 네게 맹세해
果てなき罪抱え 運命に抗うため
끝없는 죄를 안고서 운명에 저항하기 위해
正解(こたえ)のない迷路へ
정답없는 미로를 향해


新たな未来を描く貴方
새로운 미래를 그리는 당신
背を向けた世界の終わりで
등을 돌린 세계의 끝에서
呑み込まれた真実を探すなら…
삼켜져 버린 진실을 찾고 있다면…


歌声を眠らせる最期の祈り 君の欠片
노랫소리를 잠재우는 마지막 기원은 너의 조각
結んだ糸を断つ その核が来るまでは
엮인 실을 끊을 그 시간이 올때까지는


何もかも氷らせて 剣を取ると僕は誓う
모든 것을 얼리며 검을 들겠다고 나는 맹세해
全てを捨ててでも 永遠に忘れない
모든것을 버려서라도 영원히 잊지않겠어
君は水唱石(そこ)にいるから
너는 수창석(그곳)에 있으니까

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中